6/24 強靭な心を養うような蟹座の新月

宙玉です。

 

24日の蟹座の新月から2日ほど経ちました。

21日の夏至のエネルギーと相俟って(あいまって)、

蟹座の意味する、「感情・心・家族・仲間・土地・地盤・ルーツ」などが、

とてつもなく揺るがされています。

 

 

小林麻央さんのご逝去のニュースには、

心が震えたといいますか、

家族愛ってこんなに素晴らしいものなのだという事を、

教えていただきました。

お悔やみ申し上げます。

 

 

そして、昨日は長野県南部の地震がありまして、

当地方は震度3でしたけど、すごく地盤が揺れました。

 

天体の配置からは、蟹座の火星・山羊座の冥王星・天秤座の木星のTスクエアという、

地中で増大するマグマ的なエネルギーを感じます。

 

 

また、九州南部の大雨もありましたね。

こんなに水サイン(蟹・蠍・魚)に天体がいっぱい入ってると、

雨が降ったら、雨量がすごいことにはなりそうです。

 

<蟹座の新月チャート>

 

この1ヶ月は、自分の心や潜在意識の中にぐぐっと深く入り込んでいける時期です。

 

新月のサビアンは、「毛深い鹿に先導される毛皮に包まれた男」

 

道に迷ったら、鹿が行き先を案内してくれるというサビアンです。

相談した人に導かれることもあるし、自分の直感に導かれる場合もあります。

 

新月部分に、水星と天王星のサポートが入ってるので、直観力が冴えてる時期ではあると思います。

 

蟹座の水星は気弱な感じですが、勇気を出して声に出して見ると、新しい何かが見つかりそうです。

 

私も、ヒプノセラピーとか受けてみたいと思うのですよね。

すごいものがドロドロ出て来そうな星の配置です。

それに向き合うのも、今月なら出来そうです。

 

 

 

ではっ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です