人生のしくみ①

♩ちーいさーい頃ーはー かーみさまがいってぇ〜♩

 

変なテンションですみません。

 

 

 

私は小学生の頃、学校まで歩いて約1時間の距離を通っていました。

 

 

長い通学時間。

 

 

ある日ふと、青い空を見上げてこんなことを思ったんですよね。

 

空に神様がいて、この地球上は実は神様たちのボードゲームで、人間はゲームのコマ。

 

神様たちは、自分たちが地球上で経験できないことをゲームのコマである私たち人間に経験させているのではないだろうか、と。

 

もっと言うと、

 

神様と言っても子どもの神様で、私たち人間を使ってままごと遊びのように、結婚させてみたり、けんかさせてみたり、事故に合わせたりしているんじゃないかと、思ってたんですよね。

 

それじゃ、私たちはおもちゃじゃないか!って。

 

今考えると、これって結構受け身な考え方だな、と思う訳で。


のちに、西洋占星術を知る事になって、この考え方が180度変わるのです。

つづく

 

 

 

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

☆ お知らせ ☆

5月分のセッションご予約受付中!

詳細はコチラからどうぞ

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://soratama-note.com/%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%bf/trackback/

PAGE TOP