水瓶座26度から30度まで、まとめ書き〜。

宙玉です。

 

水瓶座の25度を超えると、魚座の気配がしてくるのですが、

私が「水」がちょっと苦手なこともあり、ブログを書く手も止まるー。

 

思えば、蠍座の時期は結構、書けなかったりしたな・・・。

 

では、2/14の水瓶座26度から振り返って書いてみます。

 

2/14  水瓶座26度「水圧計」

この日はバレンタインデー。

自分の直感を信じてアタック!!な感じですね。

 

26度は、完成した高級品を受け取って、最初に試食するイメージ
だから、この日がバレンタインなんだなーと、納得。

 

火星冥王星の90度が出来てきているので、男性からの猛烈アタックを受けた人もいるかもですね。

 

 

2/15  水瓶座27度「スミレで満たされた古代の陶器」

27度は、自分の求める物を手に入れるために、極限の状況を追い、集中力を発揮してよじ登るような努力をする。

 

この日は、朝から混乱気味で、具合が悪い人もいたかもですね。

うちの夫くんも具合悪くなって、早ーく帰宅しましたです。

 

冥界からの指令を受けて、大改革がもたらされた人もいそう。

大きなショックを受けないと、人の視点ってなかなか変わらないですからね・・。

今までいた環境から解放されて、遠い過去から自分にふさわしいエーテル体を持ってくるだとか。

 

 

2/16 水瓶座28度「倒されのこぎりで切られた木」

28度では、水瓶座と魚座の突破口をみつける度数です。

 

水瓶座的なネットワークの中は、点と点のつながりのようなもの。

魚座の存在感は、溶け込んでいく感じなので、水瓶座のネットワークはここでは断ち切られる感じになりますね。

 

この日の夜は、水瓶座的なあっさりした交友関係というよりは、もっと深い結びつきの集まりとかがあったかもですね。

 

2/17 水瓶座29度「さなぎから出てくる蝶」

まんま、脱皮な感じですかねー。

 

自分の深いところからビジョンを引き出して、思考に落としこんでいくような。

脱皮前のだらけた感じにはなりやすかったのかもですね。(私だけ?)

 

 

2/18 水瓶座30度「アーダスの咲いている野原」

さなぎから脱皮した蝶が、自分の魅力を振りまいて、誰とでもお友達になっている度数です。

次の魚座に入り何にでも同化するには、こだわりなんて言ってられないのでしょう。

 

明日は、急な変更とかありそうですね。

早め早めに行動したり、忘れ物にも注意かな?

 

いろいろ変化が起こると思いますが、有意義な情報はキャッチ出来そうです。

 

牡羊座の火星・天王星と山羊座の冥王星の90度ができてるので、かなりパワフルな改革の嵐が吹き荒れているのではないかと思います。

 

(参考文献:松村潔著「デグリー占星術」)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://soratama-note.com/sabian-mizugame-26-30/trackback/

PAGE TOP